DJI ドローン Phantom4 カメラ修理

撮影データの不具合発生

建設会社で使用されているDJIの人気ドローンPhantom4(最近はMAVICに押され気味ですが・・・)が正常に静止画を記録できないということで持ち込まれました。DJIのアプリケーション「GSPro」で写真測量を行ったところ「紫色が全体に乗る」「画像内でズレが発生している」症状が確認されました。

正常に記録されない原因は基盤

詳細に調べたところカメラそのものの問題ではなく、データ処理時の問題で基盤交換が適切と判断されました。修理としてはこれで問題ありませんが、各部を仔細に診ていくとジンバルモーターに少し劣化が見られ(実用上問題ないレベル)たことをお伝えしたところ「長く使い込んでいるので、合わせて対応してほしい」ということになり、カメラユニットをすべて新品に交換し修理を終えました。この機体はデビュー当初のモデルで赤外線センサーは前方のみ、カメラは1200万画素の初期モデルですが、まだまだ現役で活躍していくようです。

合わせて点検も実施

公共工事に使われるということもあり、修理にわせて点検を実施してほしいとのことで

・通常点検

・清掃

・設定内容の確認

をあわせて実施させていただきました。

 

参考:納期14日、費用47,000円

修理は標準メニューにありませんのでお問い合わせください。